RUB
表面耕うん用にヒンジ式の3列ディスクハロー in Krasnogvardeyskoye online-store Dias Agro, OOO | Buy 表面耕うん用にヒンジ式の3列ディスクハロー Krasnogvardeyskoye (ロシア) | Dias Agro, OOO : Allbiz
Premium Gold
Reviews: 0
Dias Agro, OOO
表面耕うん用にヒンジ式の3列ディスクハロー
  • 表面耕うん用にヒンジ式の3列ディスクハロー

表面耕うん用にヒンジ式の3列ディスクハロー

利用可能 | Wholesale and retail
Payment:
Shipping:
説明

製品:耕運機用に取り付けられたディスクローターハロー3列ディスクディスクーターは、ロシアのクラスノダールのメーカーからの購入価格です

ディスクハローは、深さ15 cmまでの浅い土壌栽培、雑草防除、作物残渣の細断と取り込み、牧草地と牧草地の若返りのために設計されています。

これらは、風や水の浸食を受けやすい土壌を含む、あらゆる種類の土壌(非常に石質の土壌を除く)のさまざまな農業気候ゾーンで使用されており、含水率は最大40%です。

それらは、最小耕起のシステムでの播種前の処理、ならびに無精ひげ耕作、耕作地の平準化、ペアでの作業、および雑草の殺害に特に効果的です。

4列ディスクハローと3列ディスクハローの利点:

生産性の向上 為替レートの安定性の向上 土壌圧縮の減少
技術プロセスの質の向上 トラクターアタッチメントの負荷を軽減 牽引の労力を18〜20%削減
最高10 - 12 km / hの加工品質を維持しながら作業速度を低減 燃料と潤滑油の消費量を1ヘクタールあたり15〜18%削減 機械の疲労を軽減

重要な注意:すべての3列ハローには「カモミール」ディスクが装備されています。「ドロップ」ディスクでの補完は、追加オプションとして実行されます。



Discator

 

  • 現在の世紀の「2000年代」の初めに、ロシアの集団農場の崩壊の結果として形成された休閑地の量が多かったとき、堅い個別のスタンドに引きずられた重い4列ディスクハローが非常に人気になりました。タイン間隔が1列で400 mmの4列の作業体を備えたこれらの農業用具は、広くなり、休閑地の持ち上げに大きな成功を収めています。それらは、当時使用されていたBDTタイプのディスクハローに比べて明白な利点があり、列は2つしかなく、作業体は同じ軸上にありました。
  • その時代のトラクターの艦隊は主に中小の力のトラクターで構成されていました。これらのトラクターとの集約には、主に作業幅3、4、最大6メートルのディスクが使用されました。
  • 4 - 個々の固定スタンドの列ディスクは、それらの前に設定されたタスクに完全に対応しています。
  • 農家が購入したトラクターの動力特性が向上し、土壌の農業特性が向上するにつれ、より幅広いグリップの器具が必要になりました。
  • 生産は農業生産者の希望に応え、6、7、8メートルのディスクハローの生産を開始しましたが、すぐにワイドカットモデルの操作に関する問題に直面しました。
  • 実際のところ、4列ハローは、構造上、その動作中に、トレーラに対する1列目と3列目の回転モーメントが2列目と4列目の回転モーメントによって補償されるように設計されています。そうでない場合、ハローは必然的に展開(「キック」)。これは、作業中に欠陥が現れることを意味します。
  • 器具の作業幅が広いほど、この影響を受けやすくなり、この欠陥を取り除くのが難しくなることがわかりました。
  • また、値下げされた4列ディスクの列間距離は700mm。沈泥や湿った土壌で作業する場合、2列目と3列目の間で目詰まりが頻繁に発生します。結論はそれ自体を示唆しています - 行をより遠くに移動する必要がありますが、ロジスティックの考慮事項のため、機器を消費者に届けることができないため、これを行うことはできません(トラックのボディの幅は2400 mm)。
  • 上記のすべてを分析した後、2010年にDIAS LLCの設計者は、4列のディスクハローではなく、独自の配置の作動体を備えた3列のディスクハローを開発、特許化、製造しました。
  • 幅が似ている3列ツールと4列ツールの重量はほぼ同じですが、作業体の元の配置、独自の配置により、紛れもない利点が得られました。
  • - 方向安定性の向上(最初の列の作業ボディのミラー配置による)。
  • - 生産性の向上(同じクラスのトラクターでより広いツールを集約したため)。
  • - 土壌の締固めの減少(作業幅が広いためパスが少ないため);
  • - 技術プロセスの品質の向上(作業体の配置による:1列のラック間の距離 - 300 mm、列間の距離 - 900 mm)。
  • - トラクターヒッチの負荷を軽減 - 牽引力を18 - 20%削減(作業体の配置により) - 土壌内の3列を移動するのに必要な労力は4つより少なく、切断された土壌を横断面で移動するのに必要な労力も少なくて済みますディスク間の距離が400 mmではなく300 mm);
  • - 処理速度を維持しながら、処理速度を15 km / hではなく10 - 12 km / hに下げる(連続する作業体間の距離が短いため)。
  • - 燃料と潤滑油の消費量を15 - 18%削減します(同じクラスのトラクターで作業する場合、より広い切削工具を使用するため)。
  • - オペレーターの疲労の軽減(同じ領域の処理に必要な時間が短縮されるため)。

種類:

  • ヒンジ付き全フレーム
  • セミトレーラー
  • オールフレームとモジュラー
  • セミトレイル断面
  • セミトレーラータイプ「バタフライ」

同社は以下を生産しています:

  • ディスクハロー
  • 耕運機
  • 無精ひげ
  • ロータリーテクノロジー
  • 複合技術
  • スプレーヤー - スプレッダー
  • その他の機械
  • すき
  • 農業機械用のスペアパーツ
  • 電柱と金属構造
Information is up-to-date: 14.05.2021

Read more

Unbelievable price on 表面耕うん用にヒンジ式の3列ディスクハロー in Krasnogvardeyskoye (ロシア) company Dias Agro, OOO.
Shipping method
Payment method
LiveInternet